自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2000年1月 「材木屋である意味」
2000年1月 「材木屋である意味」

今朝の朝礼でも言ったように、2000年1月というよい節目でもあり、
私の考えていることを毎月月末に給料袋に入れることにしました。
1回目は「私が材木屋である意味」です。

皆さんは自分が材木屋だということをどう思っていますか?
私は新年会のときにも言ったように「材木屋でよかった」と思っています。
なぜなら、仕事を通じて「相手に気を遣う」ことを教えてくれる職業だと
思うから。

材木屋は「木」に対してどれだけ「気」を使えるか、そこに損得がある。
木っ端の最後の1丁まで使うには、隅々まで気を使う。
「もったいない」と思って取っておくか、「いらない」と思って
捨ててしまうか、それが利益と赤字の境目になる。
だから、本気で材木が好きで、最後の1丁まで生かしてやろうと思う人に
とっては、とても良い仕事ですよ。毎日、材料に対して気を使って
仕事をしている人は、自然と相手に対しても気を使うようになる。

コンビニエンスストアに代表される「使い捨て」社会の現代において、
ひとつひとつの物事を「もったいない」という精神で周囲に対して
気を使って生きていく人は希少価値です。
私は、材木屋という仕事を通して、周囲に対して気を使うことを
教えてもらったし、社員の皆さんにも是非そうなってほしいと思う。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2005年05月02日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/15

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
2017年2月「『退化』ではなく、『成長』を。」
2017年1月「掃除を徹底する意外な効果とは。」
2016年12月「枕をそろえれば、心もそろう。」
2016年11月「ないものねだり」より、「あるもの活かし」。 
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)