自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2000年11月 12月こそ逃げは禁物
2000年11月 12月こそ逃げは禁物

12月「師走」。正月を控えて誰もが気ぜわしくなる時期だ。

12月が好きだという人はあまりいないだろうし、
いやだな、早く終わらないかなと思う人も多いだろう。
私も12月が好きではない。
その一番の原因は年賀状を書かなければならないからだ。
12月20日を過ぎてもなかなか書けず、
年賀状を書き終わるとようやく年末を迎えられると思うのが
結婚前までのパターンだった。

また、毎年12月は工場内の仕事量が多い。
今年も例にもれず、受注量が多くなってきた。
したがって、社内のあちこちで受注量を消化しきれない
「仕事の渋滞」が発生している。
正月前にできるだけ大工さんが現場の仕事を終わらせておきたいと
思う心理が、他の月と違う忙しさの原因だ。

私は、「仕事の渋滞は仕事をやって解消するしかない」と思う。
やりのこした仕事のことを思いながら週末を過ごすぐらいなら
仕事をやりきるまでやったほうがよほど精神的に安定する。

12月は日程の都合でかならず「仕事の渋滞」が発生する。
「仕事の渋滞」が発生したら、他人のせいにせず、日程のせいにして
「12月だからあたりまえだな」と思って仕事をして渋滞を解消させれば、
明るい正月を迎えることができる。他人のせいにして文句をいいながら
いつまでも仕事をしないで「仕事の渋滞」を解消できないと、よい気分で
正月を迎えることができない。要は気持ちのもちようだ。

とはいえ、「仕事の渋滞」を解消させるためには相応の時間がかかる。
私の対策は、私的な12月の特別要因をできるだけ先に片付けること。

1.年賀状は12月20日までに投函する
2.忘年会は仕事関係以外は出ない
(社員の皆さんとの会合は、例外です)
3.テレビはニュースとスポーツだけ。年末特別番組は見ずに早く寝る。
(ロードレースは大好きなので欠かせないが、夜ふかしをすると
 風邪をひくもとになるので、テレビはできるだけ見ない。
 12月に風邪をひくとスケジュールが大幅に狂って自分だけでなく
 周辺が大迷惑する)
 
また、カレンダーもできるだけ早く配り始める。
カレンダーを配ってないお客様があると、「年末までに配らなければ」と
ついつい気になってしまうからだ。

もちろん、営業上でも12月は特別な月だ。うちの社長がよく
「暮れは金の請求をしても怒られない」と言うが、その通りで
売掛金回収には絶好のチャンス。12月の最重要課題は集金だ。
くれぐれも取引先の動向に注意して、事故のないように。

仕事に対しても、年賀状に対しても、逃げは禁物。
自分たちの給料はお客様からもらっていることを忘れずに、

工場の中も残業続きで大変だろうが、今が書き入れ時だ。
お客様のために一生懸命仕事をして、明るい正月を迎えよう。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2005年05月02日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/25

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年10月「明るい将来は、不合理の受け入れから始まる。」
2017年9月「私でよければ」
2017年8月「夏は一瞬、感謝は一生」
2017年7月「木を見て森を感ず」
2017年6月「一隅(いちぐう)を照らす」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)