自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2001年1月 とても良くない状態
2001年1月 とても良くない状態

昨年1年間、「常務の一言」を続けてみて、自分で反省することは、

踏み込んだ文章が書けなかったために、当たりさわりのない文面に
なってしまったことが多かった。今年は、「常務の一言」というよりも
「常務の心の内側」をできるだけ正直に、わかりやすく書く。
そのほうが、書く側もスッキリするし、読む側にもいいと思うから。

さて、今年は1回目から大げさなタイトルをつけてしまったが、
うちの会社の現状を考えてみて、私はとてもよくない状態だと
考えている。

一番の原因は、代替わりが進んでいないこと。
12月にも書いたように、退職者が多かったために若返りのシナリオが
狂ってしまった。また、業績がよくなかったこともあり、
山林部を除いて2年間新卒採用を凍結したツケもでている。

私は、以前より同業者の経験者が欲しいと思っていた。
実際、数人に来てもらって効果が出た部分もあるが、それだけでは
「当面事業が続けていける体制」はできない。今年の終りまでに
「よし、これなら事業が当面続けていける」という体制をつくって
おかないと、社員の皆さんも不安だろうし、私も安心できない。

現在いる社員の皆さんに対して思うことは、働く人と働かない人の
差が激しすぎるんじゃないか?
働く人のところへ仕事が寄ってしまって、働かない人はそのままと
いう現象がおきている。これでは、一生懸命働く人が浮かばれない。

解決策は、賃金に格差をつけるのが筋だろう。そのために、正確な
人事考課をしなければならない。管理職の皆さんは、今までよりも
より厳密に、正確な人事考課をしてください。

来期は新卒採用を復活させる。また、中途採用も行う。
どれだけ定着できるか、また、戦力になるか、それが会社の将来を
大きく左右する。

話は変わるが、以前から私が公言していた「北本工場の中央通路から
北側に全て屋根をかける」が来月、ついに現実化する。
誰が言ったか忘れたが、「屋根をつくると雪が降る」と
言われるくらい、今年は雪が降った。屋根のおかげで雪かきは随分
楽になったし、屋根がない以前の木村木材なら先週土曜日は半日で
操業打ちきりだっただろう。雨風の吹き込む作業環境がようやく
雨風を気にせず仕事ができる作業環境にようやく改善される。

一生懸命仕事をする人には、報いてあげたい。その気持ちが
屋根をつくることにつながった。

私は、屋根ができて作業環境がよくなることで、会社全体の
士気があがることを期待している。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2005年05月02日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/27

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年5月「見えるか? 見えるさ!」
2017年4月「心のコップを上に向けるには」
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
2017年2月「『退化』ではなく、『成長』を。」
2017年1月「掃除を徹底する意外な効果とは。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)