自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2002年1月 変化が始まった
2002年1月 変化が始まった

一昨日、ある当社の仕入れ先より電話があり,

「1月末に不渡りを出しますので店を閉じます。
もう材料は供給できません」との連絡があった。
以前より、経営がよくないことは知っていたが、いよいよ来たかという感じだ。

私事だが、本社の隣のおもちゃ屋さんも昨年末に店を閉じた。80年続いた店だったが、
今年に入ってからはシャッターを閉じたままだ。

これらの例を見てもわかるように、変化に対応できない者は倒産または廃業という
形で商売を閉じることになる。当社のお客様の中でも倒産または廃業するケースが
出ることはまず間違いないだろう。自分に影響がでないと人間はピンとこないものだが、
影響が出てからでは遅い。会社としても対応策をたてて実行しているが、
取引先の動向には十分注意してほしい。

この不況がどういう形で収束するかわからないが、体力のない業者が減った後は
有力な業者が市場を寡占(かせん)することになる。業界の勢力地図がガラリと変わる。
将来残ると思われる取引先には今から足場を作っておいて、現在よりも
より強い地位を後世のために作る。それがこの変革期に必要なことだ。

過去、こんな極端な時代はなかっただろうが、先輩たちは現在の商売の基礎になる
お客様との関係を築いてくれた。今度は、将来のためにより多くのお客様との
関係を作るときだ。それが、自分たちのためにもなるから。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2005年05月02日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/39

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
2017年2月「『退化』ではなく、『成長』を。」
2017年1月「掃除を徹底する意外な効果とは。」
2016年12月「枕をそろえれば、心もそろう。」
2016年11月「ないものねだり」より、「あるもの活かし」。 
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)