自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2002年10月 他社に真似のできないことをやる
2002年10月 他社に真似のできないことをやる

マンション木工事の価格低下は相変わらず激しい。

安値受注合戦も変わっていないし、赤字のお客様が大半であることに
変わりはない。そんな中、あるお客様の社長さんに
「自分の会社にとって採算の合わない値段を他社が出して来た場合、
木村さんならどうする?」と聞かれたことがある。
私は、「採算が合わないのならその仕事はとりません」と答えたのだが、
「木村さんは業界が違うからそういう考え方なんだろうな」と言われてしまった。
今の仕事は大工でなくてもできる仕事がほとんどだ。一人前の大工でなくても
できる仕事を追いかけていたのではいつまでたっても価格競争にさらされる。
だから、そのお客様の会社は「大工でなければできない仕事」を狙っていく
とのことだった。

木工事業界の場合は上記の考え方になるが、現在第一事業部が行っている
マンション工事現場向け納材の仕事では、どういった差別化が可能だろうか。
私はその答えの一つがJAS(日本農林規格)ではないかと考えている。

実際、新しいJASへの移行作業をやってみるとよくわかるが、
今度のJASはいままでのJASとは全然違う。とにかく膨大な作業量を
要求されるので、今までJAS認定工場だった所も新しいJASに移行する
ところは10分の1以下と言われている。
(埼玉の場合、現在JAS認定工場は33社あるが、新しいJASに移行する
予定なのは当社を含めてわずか3社しかない)
公団、県住等の公共工事の場合、JAS認定工場でないと材料を供給できなくなる。
来年4月以降の公共工事に対しては新しいJASが武器になることを期待している。

現在、JASの移行作業にたずさわっている社員の皆さん、
本当にごくろうさま。皆さんの膨大な作業量が報いられるよう、
宣伝に力を入れます。

もう一つ、他社にできないだろうと考えているのが、
赤松一等材の3000×40×30を立てて乾かすことだ。

現在、赤松丸太の供給は非常に少ない。2.7Mや3Mの材料は
供給不足気味で、11月は入手するのも難しい状況が予想される。
また、マンション工事現場では40×30の主力が4Mから3Mに
変わりつつある。4M材では振り回しが効かないのと、
4M材が載らないリフトしかない現場が増えたからだ。
従って、同業他社は3000×40×30が入荷したら
すぐに出荷せざるを得ないだろう。入荷したての材は
立てると水が出てくるくらい水分が多い。
そこへ、当社が3000×40×30を立てて出せば、
同業他社と差がつけられるのではないか。
私も先頭にたって、材料と場所のある限り、3000×40×30を
立てて、お客様に乾燥した材料を出すことで他社に差をつけたい。

これから年末にかけて仕事量が増える。くれぐれも体調を崩さないように
体調管理に気をつかってください。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2005年05月02日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/48

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年4月「心のコップを上に向けるには」
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
2017年2月「『退化』ではなく、『成長』を。」
2017年1月「掃除を徹底する意外な効果とは。」
2016年12月「枕をそろえれば、心もそろう。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)