自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 住宅に自然素材を使おう > ポリ乳酸に対する素朴な疑問。食べ物をプラスチックに使ってしまっていいの?
ポリ乳酸に対する素朴な疑問。食べ物をプラスチックに使ってしまっていいの?

最近、建材に使われ始めた素材の一つにポリ乳酸があります。
トウモロコシを原料にしていて、原料に石油を使わない、生分解性をもつプラスチックです。
(ポリ乳酸のことを、コーンファイバーと呼んでいる建材メーカーがありますが
コーンファイバーというと、食品添加物用に使われるトウモロコシの外皮を
原料とした食物繊維と誤解されますので、コーンファイバーと呼ぶのはやめたほうが
いいと思います)

ポリ乳酸は安全性が高いとされていて、弁当の容器や、生鮮食品の包装、農業用の
シートフィルムなどに使われています。

私は、このポリ乳酸を以前からずっと脅威に感じていました。
それは、シートラッピング用のプラスチックとしてポリ乳酸を使われたら
怖いなと思っていたからです。

しかし、トウモロコシに関する状況は大きく変化しました。
燃料用のエタノールをつくる原料として、トウモロコシが使われ始めたからです。
アメリカでは、エタノール工場の増設が相次いでいて、飼料用のトウモロコシが
エタノールの原料に転用されつつあります。

私は、食べ物を燃料に使うのは反対です。食べ物が欲しいという人と、
車に乗りたいから燃料が欲しいという人のどちらを優先するべきでしょうか?
燃料を優先すべきではないと思いますが。同様の理由で、ポリ乳酸の原料として
トウモロコシを使うことも、良いとは思えません。
石油を使わないプラスチックであることは評価しますが、食べ物を犠牲にして
プラスチックとして使うことには、大いに疑問を感じます。

そう遠くない将来、石油は手に入りにくくなります。そのための代替品として
ポリ乳酸を考える人も多いでしょうが、世界人口の増加→食物不足が予想されて
いるだけに、食物であるトウモロコシを原料にするポリ乳酸は、石油由来の
プラスチック同様、できるだけ使いたくないですね。

ポリ乳酸を、植物由来のプラスチックとして、CO2削減に貢献すると宣伝している
製品が多くありますが、その一方で、ポリ乳酸を使うことで、食物を
プラスチック製造のために減らしている現実も知ってください。
石油由来のプラスチックよりは良いと思いますが、ベストの選択ではありません。

ベストの選択は、食べ物に転用できないもので、かつ再生可能な資源を
使うことではないでしょうか。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2007年03月22日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/126

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年4月「心のコップを上に向けるには」
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
2017年2月「『退化』ではなく、『成長』を。」
2017年1月「掃除を徹底する意外な効果とは。」
2016年12月「枕をそろえれば、心もそろう。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)