自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2010年5月「よい『連鎖』を起こしたい。」
2010年5月「よい『連鎖』を起こしたい。」

私は、今期から第一事業部の管理職業務、お客様担当を外れました。

これまで私が当社にいた十数年間は、最初の二年間を除いて、
営業担当として「どうやったらお客様の役に立つか」を
ひたすら追求してきました。
自分で仕事を取ってきて、工場を回すことが自分の仕事であり、
お客様への対応、材料の手配だけで大半の時間を使っていました。
前第一事業部長が亡くなってからは、管理職としての業務も加わりました。
会社全体のことを考えていないといえば嘘になりますが、
ほとんどの時間を第一事業部の仕事で使っていました。

そのため、いままでは時間的な制約(心理的な圧迫感も含めて)が
あったためにできなかったことが、今期からはできるようになりました。
言い換えれば、
「本当に自分がやりたいことは何か?」
を考えて実行することができるようになったということです。

私が本当にやりたいことは、自分が死ぬまでの間に
「持続可能な社会づくりに貢献できた」と思える仕事をすることです。
それは、単に資源のことだけを指しているのではありません。
もちろん、持続不可能な資源を使うことから、
持続可能な資源を使う方向にすることは大事ですが、
私は、当社を持続可能な会社とすることで、
従業員・家族・お客様・関係者・株主の皆様など、
当社に関係するすべての人に、当社が
「よい」連鎖をつくる存在になり、
周囲だけでなく後世にも良い影響を与えることが
できたと思えるようになりたい。それが私の本当にやりたいことです。

「よい」連鎖を作れるかどうかは社員のみなさん自身の
心がけにかかっています。
悪意・不満は簡単に連鎖します。
社内での会話を聞いていると、周囲・社外から受けた悪意を
そのまま(むしろ拡大して)社内に伝えているのを時々見かけます。

人間、そんなに強いものではありません。悪意を受けたら
、誰かに言わないと自分だけ損したような気分になるのでしょうか、
つい悪意を連鎖させてしまいます。
その結果、社会にストレスをまき散らし、結果として悪意が
自分のところに返ってきてしまうかもしれません。
ますます気分が悪くなるだけで、誰も得をしません。

その一方、自分は決して強くない。強くないならば、
まわり(たとえば社内)をよくしていく。まわりをよくしていって、
まわりから支えてもらえる社会にしていく。
そのためには、「よい」連鎖を自分からおこす。
悪意が来たら自分のところで止める。
周囲には悪意を連鎖させない。
一時の感情には流されないことが良い人生をつくる。
こんな考え方ができたら、きっといい人生が送れると思いませんか?

私は「社長の一言」を、社内に「よい」連鎖を起こせればと思って書き続けています。
ありがとうカードを始めたのも、「よい」連鎖を起こすための一つの手段です。
特に地位が上になるほど、「よい」連鎖を起こしているか、
「悪い」連鎖を起こしているか、その差は社内の雰囲気に大きく影響します。
一度ありがとうカードを出してみると、「よい」連鎖が
どんなに気持ちがよいものか、よくわかります。

あなたは、「よい」連鎖を起こしますか? それとも、悪意の連鎖を起こしますか?

「よい」連鎖を起こすのも、悪意の連鎖を起こすのも、
社員・関係者の皆さんの心がけひとつです。
「よい」連鎖を起こす会社が、お客様からの信頼を勝ち取り、
存続できる会社だと考えます。

共に「よい」連鎖をつくれるようにしませんか。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2010年05月31日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/165

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年7月「木を見て森を感ず」
2017年6月「一隅(いちぐう)を照らす」
2017年5月「見えるか? 見えるさ!」
2017年4月「心のコップを上に向けるには」
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)