自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2013年4月「今だからこそできることがある。」
2013年4月「今だからこそできることがある。」

今日は当社の決算日です。社員・関係者の皆さんが一生懸命働いた一年間の、
締めくくりの日です。

会社の決算書は、学校の通知表(成績表)にあたります。学生なら誰でもよい
成績をとりたいと思うのと同じで、私たち(当社の社員・関係者)誰もが
よい決算にしたいと思うのはごく自然なことです。

決算日が近くなり、今期のうちに1円でも多くの売上を上げようと働いている社員の
皆さん、今期のうちに1円でも多くの売掛金を回収するために働いている社員の皆さん、
そして、それぞれの立場で一生懸命働いてもらっている社員の皆さんの働きに、
心から敬意を表します。ありがとう。

さて、明日から新しい期 65期がはじまります。
65期を迎えるにあたって、今の状況を打破するためにはどうしたらよいか、
昨年末から新井常務をはじめとした部長以上の皆さんが何度も集まって、
検討を重ねてきました。

「このままではいけない。何とかしなくては」という気持ちで、一緒になって組織案を
考えていると聞き、私は素直に有難いし、心強いと思いました。会社の将来を
部長以上の皆さんが本気で考えた案なら、
会社を良い方向に向けることができると感じたからです。

集まりでは、現状を分析して、「木村木材工業のありたい姿」をイメージし、
ありたい姿に近づくためにはどうすればよいかを検討しました。
検討の結果、現状の組織のまま進むのではなく、新しい形の組織をつくって
65期を迎えるという結論に達しました。

私は、検討の結果を聞いて、「今の、この状態だからこそできること」だと感じました。
順調にいっている時であれば、組織を変更する必要などありません。
しかし、社会もお客様も変化し続ける中では、現状の組織のままで対応するよりも
組織そのものを変更したほうが、変化に対応できますし、業績を上げる可能性が高い。
全くその通りだと感じています。

会社の組織を変化させることは、社員の皆さんにとっても仕事の内容が変わることに
つながります。人間、誰でも「今のままがいい」と思う心があることは承知していますが
部長以上の皆さんが、現状維持では、続けられる会社にはなれないという結論を出した
ことを、社員の皆さんにも感じてほしいと思っています。

今だからこそできることがある。
組織については5月11日(土)のスタートミーティングで詳しくお話しますが、
部長以上の皆さんが、自分たちで考えて実行する組織は、当社では初めてですし、
現時点で一番良い選択だと確信しています。

今度の組織が軌道に乗ると、「動きやすい組織」になることでしょう。
もちろん、部長以上の皆さんが社員のバックアップをしますし、私もその後押しをします。

多くの社員が会社の将来を考えて動く会社になりたい。
今回の組織変更がその第一歩になり、続けられる会社への変化につなげるように、
共に汗を流しましょう。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2013年04月30日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/202

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年5月「見えるか? 見えるさ!」
2017年4月「心のコップを上に向けるには」
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
2017年2月「『退化』ではなく、『成長』を。」
2017年1月「掃除を徹底する意外な効果とは。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)