自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2016年10月「後味のよい生き方とは。」
2016年10月「後味のよい生き方とは。」

今月、国産材大型製材工場を見学する機会がありました。他社を見学していて気づいたのは、当社のトイレが北本、埼北、秩父の全ての事業所できれいになっていることです。日頃トイレ掃除をしていただいている社員の皆さんのおかげできれいになっていると改めて感じました。ありがとうございます。

最近私は、同じ人生を送るなら後味のよい人生にしたいと思っています。また、社員・関係者の皆さんにも後味のよい人生を送ってもらいたいと思っています。その理由は、よい会社とは社会から尊重される社員のいる会社、言い換えると後味のよい人生を送っている社員のいる会社だと思うからです。

 では、後味のよい人生にするためにはどうしたらいいでしょうか
まずは時間を守ることです。お客様への訪問、社内での打ち合わせなど、時間を守ることが信用になります。小さな規則を守る経験を積み重ねていくことが大切です。

次に、謙虚な生き方を心がけることです。どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることができません。具体的には、「必ずしも自分がしなくてもいいことを少し多めにする」ことではないでしょうか。どの会社にも、誰の担当でもない仕事が必ずあります。
誰の担当でもない仕事が来たときに、自ら進んでやる社員がどれだけいるかが、当社の将来を作っていきます。

これは仕事に限りませんが、私は譲れるものは譲っていいと思っています。自分が譲ったから損をしてしまうと思う人は多いでしょうが、実は譲ったほうが自分の希望通りになることのほうが多いように感じているからです。ただ、譲ってはいけないのは、相手の人にとってためにならないときです。これは譲らないようにしています。

 そして、能力の出し惜しみをしないことです。世の中でなかなか財布からお金を出さない人によく「ケチ」という言葉を使いましたが、本当の「ケチ」とはせっかく使える頭と口を持っていながら、能力を使いきらずにあの世へ行ってしまう人のことを指します。
能力の出し惜しみをしている限り、後味のよい生き方にはなりません。自分の持っている
能力を出し切ることが、後味のよい生き方につながります。
 
後味のよい生き方を志向する社員・関係者が一人でも増えていくことが、会社をよくしていきます。ぜひ、私たちの人生を後味のよい人生にして、よい人生だったと心から思える人生にしていきましょう。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2016年11月01日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/246

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年7月「木を見て森を感ず」
2017年6月「一隅(いちぐう)を照らす」
2017年5月「見えるか? 見えるさ!」
2017年4月「心のコップを上に向けるには」
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)