自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2016年12月「枕をそろえれば、心もそろう。」
2016年12月「枕をそろえれば、心もそろう。」

「はきものをそろえる」
  
はきものを そろえると 心もそろう
心がそろうと はきものもそろう

ぬぐときに そろえておくと
はくときに 心がみだれない

だれかが みだしておいたら
だまって そろえておいてあげよう

そうすればきっと
世界中の 人の心も そろうでしょう

この詩は長野市の曹洞宗円福寺住職だった藤本幸邦師が禅宗の「脚下照顧」(自分の足元をよくよく見よという意。もと禅家の語で、他に向かって悟りを追求せず、まず自分の本性をよく見つめよという戒めの語。転じて、他に向かって理屈を言う前に、まず自分の足元を見て自分のことをよく反省すべきこと。また、足元に気をつけよの意で、身近なことに気をつけるべきことをいう。新明解四字熟語辞典より)の教えをもとにつくった詩です。

人間の気持ちは見るものに影響されるといいますが、はきものがきちんとそろえてあるだけで、心が落ち着きますし気持ちがいいものです。鴻巣東小学校の昇降口にこの詩が掲示されているのを見ましたが、とてもいいことだと思います。
そこで私は、当社においては「枕をそろえる」ことが私たちの気持ちにいい影響を
与えると考えました。さきほどの詩を木材業界向けに変えると、

枕をそろえると 心もそろう
心がそろうと 枕もそろう

おくときに そろえておくと
つかうときに 心がみだれない

だれかが みだしておいたら
だまって そろえておいてあげよう

そうすればきっと
会社全体の 人の心もそろうでしょう

枕が乱雑に積まれている会社と枕が整然と積まれている会社とでは、
明らかに印象が違います。 
枕をそろえることよりももっと他にやることがあるという人もいると思いますが、
誰にでもできる小さなことを徹底することが、私たち自身の意識を上げて会社全体が
よくなっていく方向だと考えます。

今年一年間、おつかれさまでした。皆さんにとって来る年が良い年でありますように。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2016年12月28日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/248

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2017年4月「心のコップを上に向けるには」
2017年3月「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」
2017年2月「『退化』ではなく、『成長』を。」
2017年1月「掃除を徹底する意外な効果とは。」
2016年12月「枕をそろえれば、心もそろう。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)