自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2018年7月「将来への希望は自身の行動の中にあり」
2018年7月「将来への希望は自身の行動の中にあり」

先週土曜日にプレカット工場内の一斉清掃を行いました。一斉清掃で工場内を清掃するのは初めてですが、次々と自分で進んで範囲を拡げて清掃をしている姿を見て、「頼もしい」という声を聞きました。問題に気づいて自ら行動する姿は周囲の気持ちを明るくします。私も社員の皆さんが清掃している姿を見て気持ちが明るくなりました。ごくろうさまでした。

 私は先月末に生まれて初めてメガネをつくりました。老眼が進み、書類の文字が見えにくくなったからです。メガネをかけると見える像の輪郭がはっきりして、
細部に気づきやすくなります。私にとっては今までになかった新鮮な感覚です。

業績の見える化はメガネをかけるのと似ています。それは、会社の全体像がはっきりするからです。見える化の数字を知ると問題に気づきやすくなります。社員の皆さんにも今までになかった新鮮な感覚を感じてもらえればと思っています。

見える化は問題に気づいて会社をよくしようとする気持ちを産むための方法です。大切なのは気づいた後の行動です。「こうやったらよくなるんじゃないか」という気づきがどんな小さくても生まれたら、まずやってみることです。
「動中の工夫は静中の工夫の百千億倍」(白隠禅師の言葉)です。やってみる中で出てくる工夫は、机の上で考える工夫よりも百千億倍の価値があります。

周囲がどう思うかを気にして動きにくいという人は当社の中に少なからずいるでしょう。それを承知であえて書きますが、将来への希望は皆さん自身の行動の中から生まれます。行動すると現状維持をしたい人からの「妨害」も出てくるでしょうが、それを乗り越えて我慢と工夫を続けた後には「望外」の喜びが待っているものです。ただし、将来の喜びは保証されてはいません。保証されている物事に対するエネルギーは小さいです。保証されていないものに対してこそ大きなエネルギーが出ます。

 高校野球は保証されていない「甲子園」を目指して全力でプレーします。以前の大会で大敗した相手に対しても何が悪かったのかを考えて問題に気づき、工夫して全力でプレーする姿が共感を呼びます。

仕事も同じではないでしょうか。見える化によって問題に気づき、工夫して仕事をする。結果が保証されていないからこそ、全力で仕事にあたる。この姿勢を続けていれば、将来に間違いなく希望が持てるようになります。
 
 将来への希望は、自身の行動の中にあります。私はそう信じて行動しますし、社員・関係者の皆さんにもそうあってほしいと心より願います。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2018年07月31日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/267

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2018年7月「将来への希望は自身の行動の中にあり」
2018年6月「掃除は会社を語る無言の表現」
2018年5月「あてにされる」会社へ。
2018年4月「木の良さを伝える=気の良さを伝える」
2018年3月「話は全身で聞く」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)