自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2020年3月「専売特許はいらない」
2020年3月「専売特許はいらない」

世の中が自粛ムードになっています。不要不急の外出は控えるようにと要請されて、休日に行く場所がないと感じる人がたくさんいます。日常のありがたさを感じる反面、
こんな時だからこそ将来のために役に立つことをやろうと思う人と、ただ先が不安だと思いながら動かない人でのちに大きく差が出るのではないかと思います。

 仕事に専売特許はいらないという意味は、代わりにできる人を増やすことです。

社内では今までにやったことのない仕事への取組みが続いています。たとえば新しいモルダーについて「時間が空いたので操作を教えてください」と自ら積極的に名乗り出る人と一生懸命操作を教えている人のやり取りを見て、新しい仕事のやり方に対応しようという努力に感動しました。

わからなければどうやったら理解できるようになるかを考えて仕事に取り組む。そのときに、目標をもって取り組むといいです。目標が大きすぎてできそうにない場合には、分割して取り組むと達成しやすくなります。

20年前にカナダ・バンクーバーへ飛び始めた頃、私は通訳を介さずに自分の英語で商談ができるようになる目標をもっていました。まずは同行した商社駐在員の皆さんの英語をひたすら聞いてこの局面ではどのような表現を使うのかを知り、話してみて通じるかどうかの試行錯誤を繰り返しました。最初のうちは馬鹿にされたこともありましたが、相手の配慮もあり場数を踏むうちに何とか通訳なしで商談できるようになりました。

代わりにできる人を増やせるかどうかは、仕事を受ける人の積極性が大きく左右します。たとえば、仕事を渡す側に渡したいという意思があっても、受け手の積極性が感じられなければちゅうちょしてしまうかもしれません。その結果、専売特許が強化されるのは私の本意ではありません。

代わりにできる人が増えると、その仕事をどうやったら誰にでもできるようにできるかを一緒に考える人が増えて、一人では進まなかった仕事の標準化が進みます。

専売特許はいらない。代わりにできる人を増やしていく努力を続けて、長く続けられる会社にしていきたい。それが今の私の願いです。ぜひ力を貸してください。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2020年03月31日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/287

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2020年8月「変化に参画するための『型』」
2020年7月「変化に対応する気持ちを持ち続ける。」
2020年6月「少しずつ、範囲を拡げる」
2020年5月「毎日、少しずつ、私が。」
2020年4月「他者を大切にする=自分を大切にする」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)