自然素材ブログ
自然素材ブログ トップページ 材種の単価 社長の一言(旧常務の一言) お見積もり お問合せ 本社HPへ
はじめての方へ
お知らせ
住宅に自然素材を使おう
材種の単価
社長の一言
Q&A
リンク集
会社案内
にほんブログ村 住まいブログへ

特定商取引に関する法律に基づく表記
HOME > 社長の一言(旧常務の一言) > 2021年5月「自分の都合を優先させるのではなく、まずは相手に尽くす。」
2021年5月「自分の都合を優先させるのではなく、まずは相手に尽くす。」

 今月、当社で初めて手掛けた木造大型パネル上棟見学会を行いました。ウッドショックといわれる状況の中、集成材ではなく杉一等材を柱に使っているため期せずして注目を浴びることになりましたが、実績をつくることができてほっとしています。

 今回の物件に関して、私は何が施主にとって一番良い選択か、何が一番施主のためになるかを第一に考えて行動しました。当社の都合よりも、施主のためになるかどうかを優先させて温熱環境に強い工務店さんを紹介しました。木造大型パネルで上棟することになったのは望外の結果です。

 私は0から1を産むことは、1から1000に増やすよりも難易度が高いと思っています。杉の柱でつくる大型パネルが0から1を産むことができたのも、関係者のみなさま全員に「やりたい」と賛同していただき、タイミングに恵まれたおかげです。心から感謝申し上げます。

 話は変わりますが、今月、ウッドショックに関連したオンラインセミナーで3回講演をする機会をいただきました。ウッドショックと言われる状況に関して情報発信をしてほしいという依頼を受け、どんな情報を発信したら工務店さんに喜んでいただけるか、試行錯誤を続けながら工務店さんに向けて情報発信を続けていたところ、私が発信した文書を読んで「オンラインセミナーで話してほしい」と依頼があり、5月7日に初めてオンラインセミナーで講演しました。

 情報発信を始めたときにはほとんど反応がなかったのですが、出し続けているうちにたくさんのコメントをいただくようになりました。誰もが、何か行動したときにはすぐ反応がほしいものですが、自分が思うほどすぐには反応されないものです。反応がないからといって行動を止めてしまうのではなく、反応がなくても情報を発信し続けているうちに、自分が予想するよりもはるかに多くの反応をいただくようになりました。
情報は出せば出すほど集まってくることを実感しています。

 自分の都合を優先させるのではなく、まずは相手に尽くす姿勢で行動していると、最初は反応がなくても、続けているうちにやがて大きな変化が訪れます。目先反応がないから、損してしまうからといって止めるのではなく、やり続けることが私たち自身の成長につながります。会社は社員が成長するための舞台です。皆さんが成長することを心から期待しています。

投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業(株) : 2021年05月31日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shizensozai.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/301

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。






はじめまして、木村です。
住宅の中に木材をはじめとした自然素材を使っていただくことで、環境負荷を減らし、持続可能な社会を作る手助けがしたいと思い、このサイトをはじめました。

プロフィール日記

最近の記事
2021年5月「自分の都合を優先させるのではなく、まずは相手に尽くす。」
2021年4月 立場が変わっても、「礼を正す」。
2021年3月「どうやったら全体がよくなるか だけ考えればいい。」
2021年2月「デジタル化の時代こそ自分を磨く」
2021年1月「準備はできていますか。」
最近のコメント


(c) Copyright 木村木材工業株式会社 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター (ビジネスブログ作成)